Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakanapesce.blog41.fc2.com/tb.php/954-3912cfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葉山へ




神奈川県立近代美術館の葉山館へ、松本竣介の生誕100年を記念した展覧会を見てきました。




ここまで作品が集まることってなかなか珍しいんじゃないかな。
美術の教科書の自画像のところに掲載されることの多い「立てる像」もあったし、「Y市の橋」ももちろんありました。それも何パターンも。これだけでも満足なのに、人物、風景が、抽象画と作品の変遷が十分に追える展示量。充実した展示内容に大満足でした。近美での展示は22日が最終日でしたが、岩手に始まり、神奈川、宮城、島根と回り、世田谷で終了する巡回展になっています。

まだ子どもの時、小学生かな、「Y市の橋」を見たとき、何にも前知識はなかったのに、あ、これ横浜だ、と思い込んだ。横浜駅のそばの橋だ、と思い込んだ。自分の知っている景色をこんなに格好良く描くなんて、すっごい画家だなあとなぜかそれだけで惚れ込んでしまった。
実際には、横浜市、というのは正解。でも私が想像していた場所の川と橋ではなかった。戦争でこの橋は壊れてしまって、現存していないし。
この人の描く風景画は、どこも既視感があって。行ったことなんて絶対なくても、ああ、ここに私は行ったことがある、と思ってしまうのだ。今回たくさんの風景画、建築画(?)を見たけど、昭和の時代の東京を旅した気分にさえなった。


相変わらず出発がのろいので、見終えたころはほぼ夕方。オリーブオイル屋さんとかパン屋さんとか和菓子屋さんとかプリン屋さんとか、魚屋さん(←どっちにせよ、行きたくてもこれまでも行ったことがない、笑)とか、いっさい寄らずまっすぐ帰宅。
あ、海岸は少し歩きました。夏の海、海の家を見るなんて何年ぶりのことか。軽く10年は見ていないかも。

先日、お茶会の手伝いがありまして、1日立ちっぱなしでお茶を点て続けていました。
で、お茶会にやってくる人は本当に朝が早い。大寄せの茶会の時もそうだけど、みんな偉い先生方は始まる前からやってくるし。なんでみんなあんなに健康的に動けるんだろ。
朝の弱い私には、お茶は向いていないとしみじみ思いました。

一般の人はなぜ何のために茶道を続けるんだろう。
いつかは茶会や茶事を自らおこなう、というのが到達地点?
着物を着てお茶会に出かけて、道具やお茶やお菓子を楽しむため?
ほかの人が何を楽しみに、何をもって続けているのか、なぜだろう、よく分からなくなってきた。
いまの私は、お茶会に行くことやお茶事をすることには興味が持てなくなってしまったようで。
疲れたりザワザワしたりする気持ちをしんと静めて、人のために一服お茶を点てるお稽古だけしていたいなあ。
点前を身体が覚え、お茶を飲んでくれる人のことを思いながら一服点てるだけで、私はそれだけでいいんだけど。
上に行けば行くほど、それだけでは済まなくなってくるのがなかなかつらい。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakanapesce.blog41.fc2.com/tb.php/954-3912cfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。