FC2ブログ

Entries

金木犀が香る季節に



世界が、といっても私の周辺の環境のことだけれど、でも、私の周りの世界が金木犀の香りで満たされる、一番好きな季節がやってきました。桜が満開からちらほら花びらを落とす季節も、もしかしたら"一番好きな季節"とか言ってるかも知れないけれど、最近は記憶も吹っ飛びまくりだから、そんなことは置いておいて。
とにかく今、いい香りの今、一番好きな季節です。
9月19日に咲き始め(私の周辺環境においては)、その後は風やら雨やら続きですぐに花も飛んでいってしまったらどうしようかと心配していたら、今日久しぶりに雲一つなく晴れた青空の中、満開になっていました。仕事には行きたくないし、通勤電車も全く楽しくないけれど、行き帰りの道で香りが漂っているのを感じるのは好き。とても楽しい。
昨秋は無職で、家は修繕中で足場が組まれていたため窓も閉め切り。ハローワークに行く以外は家にずっと閉じこもっていたから、いつ金木犀が咲き始めたのか、毎年つけていた記録も途絶えてしまったけれど、今年はうるさくしつこく金木犀について書き連ねました。


さて、香りによる効果で気持ちが上がったのもつかの間。
胡麻猫の食欲と食べる量が減り、嘔吐の回数が増え、薬の種類が増え、高いところに跳べなくなり、いつも1本指を立てるように上がっていた尻尾が筋力の衰えから地面と平行になり、歩くスピードが格段に遅くなりました。座ったときの前足もそろわずに、互いに別の場所で折れ、別の方向を向くのが常になりました。
掃除のラクさからフローリングのままにしていた上に、肉球周りに毛が生えているのをそのままにしていたので、衰えた筋力のせいで滑りやすくなり、足への負担が過度にかかっていたのかも知れません。



連休最後の日の晩、胡麻猫が歩きそうなところに、急いで購入した絨毯のようなマットを貼り付けていきました。薄手で段差がほとんどなく、置くだけで固定される優れもの。撥水加工もされていて洗濯機で洗える、らしいのです。この手のものは、開封すると化学的な苦手なにおいがすることが多いですがそんなこともなく、作業していても嫌じゃない。
胡麻猫は嫌がることもなく不審がることもなく、「あ、こっちのほうが歩くのがラク。快適」とすんなりマットの上を歩くようになりました。
もっと早くこうしておけばよかった、と後悔。なんだかこのごろは後悔ばかりです。


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる