Entries

コップ偏愛

b_20130606151334.jpg
憩の森。酵素玄米を使ったドリアと水の入ったグラス。太陽光で飛んじゃってますが

昨年の夏に松本に出かけた時に「松本市城山公園」にあるギャラリー&カフェ『憩の森』に寄り昼食をとった。
ここは、緑に囲まれていて、ギャラリーを併設しているためカフェで使われている器も格好良くて、酵素玄米なんて健康的なものもメニューに入っているし、行ってみたら大変興味深い、美味しいお店だった。公園には行儀のいいノラさん(といってもきっと誰かが世話してる)も何匹もいたし、松本に住んでいたら頻繁に散歩に行きたいと思っただろう。

ここのギャラリー&カフェで使われているコップ(タンブラー?)とペンダントライトが魅惑的で、作家さんの名前を聞いたら安土草多さんということだった。
a_20130606151334.jpg
日が陰ったときの写真

水を飲んだだけだったんだけど。
松本の水がいいお水だったのかも知れないけれど、美味しい水だった。美味しく感じたのはなぜだ。

口にあたる部分がなめらか。肌には細かな槌目みたいなのがあって、そこに光が反射するからただの水が入っているのに、見飽きなくて。ずっと手に持ったままもてあそんじゃったり。吹きガラスだから形にゆらぎがあって、それもまた魅力。厚みはあるけれど厚すぎず重たすぎず、柔らかななめらかさがあるから、つるりと取り落としそうなのに、面取りしているから持ちやすい。

一目惚れしてしまった。
帰宅して調べたら飛騨高山のガラス作家でお父さんも有名なガラス作家とのこと。
水を飲まない子どもが、このコップで水を飲んだら飲むようになった、なんて逸話もあるらしい。
すごい。
ただこの作家さん、まだ若い人みたいだし、買える機会がそのうちあるだろうと、ひとまず保留。

だいたい、コップ、持ちすぎだから!
このサイズのコップはデュラレックスに始まり、うすはり、ボダムのダブルウォールグラス、江戸切子等、あれこれ持っているのに。コップ持つ手は2本あるけど飲む口は一つ。いくつ持てば気が済むんじゃいっ
と戒め、この人の作品を扱ってるオンラインショップも見ないように(たいていどこのショップも売り切れていたし)、展示案内なども検索かけないようにしていた。
本当は、作家さんのつくるものは一期一会なんだけど。
心底から気に入ったのなら買うことにしよう、と自分でお金を稼げるようになってから心に決めたんだけど。でも我慢。

そうこうしているうちに年が明け、春が来て。
ネットニュースで松本のクラフトフェアが始まったことを知った。
そういえば松本で一目惚れした作家さんは最近制作はどうしているかなとgoogleで検索したら、うん、まあ、あまりめぼしいものはひっかからない。だいたいご本人のサイト自体、微妙な更新具合だし。で、最新の情報を知るなら昨今ならfaceboookとかtwitterなんだろうねえ、と検索してみたら、まさに、ちょうどその週末に展示しているギャラリーがあることが判明し、早速出かけてみたというわけ。

小鉢やワイングラス、ましてやペンダントライトには手を出すまいっ
と展示しているそれらはひたすらじっくり眺め、目の保養だけにして、八角グラス2個のみ、連れて帰ってきた。

白湯、水、焼酎。無色透明に近い飲み物だけ、飲んでいる。


0606a.jpg

家で白湯を飲んでいるだけなのに、見とれちゃうのだった。
ついでに味もかなり美味しくなる(気がする)。

コメント

[C452]

◇ くてくてさま ◇

ひゃっなんと言うことを!
冷蔵庫で作る氷じゃなくて
お金を出していい氷を買いたくなっちゃうじゃないですか(笑)

そうなんです、みんな違ってみんなそれぞれにいいんです!
コップについて熱く語りつつ、
その実、
結局全編、買い物しちゃった言い訳だったエントリーに
あたたかなコメントをありがとうございます。
  • 2013-06-08 21:37
  • さかな
  • URL
  • 編集

[C451]

◇ しも1さま ◇

このコップでした~
うはは、熱く暑苦しく語りました。

飛騨高山は高校生の修学旅行、
それと20代の頃に行ったことがありますが
きっと今のほうがもっと楽しめるだろうなあと思います。
のんびり散歩したいなあ。
  • 2013-06-08 21:30
  • さかな
  • URL
  • 編集

[C450] 好きなもの

氷が入るとまたきらりーんと違った味わいが出てきそうなコップですね~
好きなもの、心ひかれるものっていっぱい増えちゃうのわかります。
似ている物が多くなってしまうけれど、でもそれぞれは違うから違うものであって、、、と言い訳です。

[C449]

おぉー!!このグラスですかー
好き好き度が、めっちゃわかりますぅ
そうよね、拘りのない私でも
口当たりで味が変わる気がするなぁ
いつか松本へ行けたら飛騨高山まで
行ってみたいです

  • 2013-06-07 22:32
  • しも1
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakanapesce.blog41.fc2.com/tb.php/1128-524ff09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる