FC2ブログ

Entries

ぶきっちょさん





細かい作業は嫌いじゃなかったのですが、最近はめっきり。ビーズはつまめないし、編み目や布目も見えないし。至近距離で小さいものが見えなくなってくるヤツとか、あと爪の先がすぐに欠けたり雲母みたいに剥がれてボロボロになっちゃうのが嫌でジェルネイルをしてる(爪の先が厚くなり、ピンセットなどの道具がわりにしづらい)とか、そういう理由なんですが。

これまではファモチジン(胃酸を抑える)とプリンペラン(消化管の動きを活発にして吐き気や食欲不振を抑える)を食前に飲んでいたけれど、嘔吐回数が増えて食欲がだいぶ落ちてしまったためプリンペランがセレニアという吐き気どめに変わりました。
これ、ほんとに嘔吐が止まってそれ自体は大変ありがたいのですが、どうやらセレニアという薬は大変に不味いか、苦いかするらしく、口の中、または喉の入り口に留まってしまったら、カニのようにヨダレと泡で大変なことになります。涙目になって口から泡を吹いてる愛猫なんて見たくない…というか、その薬を飲ませた私がもういたたまれない。

というわけで、カプセルに入れて飲ませるという画期的なアイデアをネットで見つけたので早速購入しました。
カプセルを喉に近いところに押し込んだあと水を多めにシリンジから飲ませれば、たぶんカプセルが喉に引っかかることもほぼなく、泡も吹かず大変によろしいことが分かりました。病院の先生にも確認済み。

だけどこのカプセルに1/4にカットされた錠剤を詰めるのが今の私には苦行で、道具を使ったり、鼻息でカプセルを飛ばしそうになったり、何度も薬を取りこぼしたりしながら作業しています。
こんなにぶきっちょさんではなかったと思うんだけど、これが老いの始まりなんだろうなと切ない。





夏ランチ



同僚から教わったピッツェリアが気に入り、一人ランチや職場の人たちとのランチで出かけていたが、学生時代からの友人とも行きたくなり、夏休みランチのお店に提案。
ベーシックなピザのメニューを見落とし、おすすめメニューのちょっとお高めピザばかり3点選択。普段の平日急ぎランチでは食べられない豪華ピザをおしゃべりしながら満喫。

帰宅してドライフードがほとんど減ってないのを見て、ロイヤルカナンのリキッドを10ml飲ませてブラッシング。



ブラシの感触を楽しむように、ブラシに頭や体を寄せてきつつ、鼻を鳴らして喜んでいるように聞こえるんだけど。これも貧血で息が荒いってことなの?何だかわからんなあ。

造血剤の注射



夏の暑さのせいなのか、ずっと頑張ってきたのがふっと息切れしたのか、カクンと降下。食べず動かず嘔吐続き。
毎日の皮下輸液で安定した低空飛行がずっと続いていたし、これからも続くんだと思っていたのだけれど。
血液検査をしたら貧血も予想よりひどく造血剤の注射をされた。週2回は果たして通えるか。家で注射か。同時に吐き気の薬も変更。胃腸の働きを良くするものから、シンプルな吐き気どめへ。

息切れ、と書いたものの、実際に息切れしてる様子も、呼吸がつらそうなこともなかった。気付かなかったのかな。私自身貧血持ちだから、貧血だと体がつらくなるのは分かってるつもりだったのに。

キドナを溶かしたものはうんざりなようで(こちらは粉末だし、保存性がいいから人間としては有難いのだけど)ロイヤルカナンのリキッドをシリンジで飲ませ、モンプチのろくに具もない少量のパウチの中身を手から食べてもらい、何とか胃に物を入れてもらった。

一般食。総合栄養食ではないフード、総合栄養食と共に食べさせて下さいと表記のあるフードってどうして存在してるんだろう。お菓子だけで育てるようなものかしら、選ぶ人の気が知れないと思っていた。いまはどんなものなら口に入れてくれるだろうかとペットフードを多種置いているホームセンターに連れて行ってもらい、一般食を吟味する。傲慢で不遜だったな。よその人がどんな気持ちで選んでいたか、当時の私には想像力が足りなかった。食の細い子や食欲のない老猫と暮らしてる人だったかも知れないのに。

来週も通うよ、原三溪コレクション




遠足や花見や、小さなエビを取りに行ったり、課題の絵を描きに行ったり、陶芸したり、お茶会に行ったりと、子供の頃から大人になってもずっとお世話になってる三渓園。それをつくった原三溪の展覧会を横浜美術館でやっています。コレクションの種類の幅が広くて興味深く、展示替えに次ぐ展示替えなので、展示品リストのスケジュールを見ながら通っています。

絵も書も上手で、目利きで、お金持ちで、芸術保護もして、センスがあって、はあ~、すごい人だ。単なる超絶お金持ちというだけでなく、ノブレスオブリージュもしっかりなさってた素晴らしい人だった。


毎週金曜土曜は20時までの夜間開館。仕事帰りに寄れる!
以前は毎週ではなかったのに、夜間開館日を増やしてくれてありがとう、横浜美術館。




Appendix

検索フォーム

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる