Entries

いつかまたバルセロナへ




ここ数年、むやみやたらと涙もろくなった。
9月7日まで、森アーツセンターギャラリーでやっている「特別展 建築家ガウディ×漫画家井上雄彦 シンクロする創造の源泉」を見てきた。

続きを読む

本店限定の氷



水曜日、夏休みをとり、森アーツセンターギャラリーへ。
帰りに虎屋菓寮赤坂本店に行き、赤坂本店限定の氷あんずを食べました!
きゃああああ。
一度食べてみたかった。
つやつやのあんず、練乳。優しい味わいの氷。
通常の氷あんずに、練乳とあんず3個(合計あんずは6個になりました)を追加して、幸せでございました。


詳細はまた今度。
ここ数日、じんましんが出てかゆいのでございます。
食べすぎ?
オットも同じものを食べているけれど、出ていないんだよな。なんでだろ。

============================
追記:7月26日

関東も梅雨明け宣言が出されたあとの水曜日、あの日も陽射しが強くて夏らしい、それはそれは夏らしい日でした。
氷あんずはとらやの赤坂本店でないと食べられないもので、ここ数年のかき氷ブームもあり、よくネット上で見かけるのですが、今は都内勤務でもなく、都内に出かける習い事の帰りにも寄り道するには微妙に不便な赤坂本店にそもそも出かけることもないだろうと、食べることをあきらめていたものでした。
でも、見ると、みんな美味しそうに食べてるんだ。なので今回、食べる機会に恵まれとてもうれしゅうございました。

このあいだ、あんず1パックを蜜煮にしてみたけれど、形をあまり崩さなかったのにだいぶ嵩が減りました。
それを実感したあとのこの氷あんず。
上にトッピングされたあんずピュレ、そしてこの写真ではさっぱり見えないけれどガラスの器の底にもたっぷりたっぷり入っているあんずピュレを今思い出してみても、あんず何個分だろう!?と驚愕するくらいのあんず濃度です。

ただ、注意すべき点はこの氷あんずのシロップソース、シンプルなあんずのピュレだけというわけではなく、アクセントとしてアマレットも使われているところ。杏仁の香りが苦手な人には残念ながら不向き。でも好きな人にとっては、あんこ、和菓子の世界とは違うジャンルの、でもとらやならではの豪勢な気分が味わえます。

練乳をオプションでつけたので、甘酸っぱいあんずやさっぱりした氷のところどころがまろやかになり、コクが出て、華やかに。

シンプルな器にスプーン、指紋、水のしみひとつついていないお盆に載せられた美し~い氷あんずはどこを食べても美味しかった。物足りなさもなく、しつこさもなく、ただただ芳醇。豊か。あんずばんざい。

平日午後のとらやは、きれいに髪を結い上げたマダムや、お金持ちそうなご夫婦、趣味の話をしていたゆとりありそうなおじいさまがた、と客層がみんなリッチな方々に見えて、庶民の私たちは『ん、場違い?』と一瞬思ったけれど、テーブルの間隔も広めで、子供連れの家族もやってきたし、落ち着いた接客も、相変わらずおいしい麦茶もあってのんびりくつろぐことができました。

この夏は銀座店(店舗限定の氷いちごがある)とミッドタウン店(いまは虎の展示をしているみたい。店舗限定メニューはクリームあんみつ)とに行きたいけれど…うーん、あと何店舗出かけられるかな。「虎屋菓寮めぐり スタンプラリー」というのをやっているので、スタンプも集められたらいいなと思って。
まあ、時間と懐次第で、調整してみましょ♪


はんぶんこ


約束どおり半分こです。
柿の種スパイシーカレー。なるほど美味しい。
さらに豆のまわりの生地の辛みと甘みのバランスがツボな鎌倉まめやさんのラー油豆も半分こ。
少しだけにしておこうと思ったのに、どうやら一袋あけてしまいそう。

我が家のビールはオリオン。またいつか沖縄に、先島諸島に行かれる日を思いながら、暑い竹富島で飲んだ美味しさを忘れないためにも、オリオンビールを飲んどります。
連休最終日。ちっとも有意義に過ごせなかったけれど、休養にはなりました。明日からまた平常運転だ!


横浜で洋館

IMG_6997.jpg


北は函館から、神戸、南は長崎まで、旅行をしたら洋館巡りをするけれど、そういえば横浜の洋館にオットは出かけたことがあるんだっけ?と思い、私の外出に同行してもらいました。(開港した5つの都市ということでは、あと新潟の洋館というものに出かけたことがないので気になっているところ)

続きを読む

ストロベリーディライトフラペチーノ


チョコレートソースとチョコレートチップ多めに。

これ、美味しい~
いまの季節にいちご!?と思ったけれど、かなり積極的ないちご味に心満たされます。
底にしっかり粒を感じるいちごのソース、中盤にいちごの種のプチプチを感じるフラペチーノ、チョコチップをプラスしたので、デザートっぽさも倍増。
春に飲んだ桜いちごの飲み物の何百倍も美味しい。
いちごとスマイルの絵もうれしいな。美味しさと楽しさが増します。

横浜スタジアム脇のスタバにて。今日は氷室京介がライブコンサートをしてるようです。ヒムロック……もうライブやめちゃうとか言ってたけど。BOφWYは復活するのかしら。


カレーもの




休み前の夕食、ラーメンを食べに行った帰りに寄ったコンビニで見つけました。
あれこれ好きなものは星の数ほどありますが、カレー味のお菓子も大好き。
亀田のカレーせんは特に好き。
横浜のおせんべやさん、美濃屋あられ製造本舗の「鬼カレー味」なるあられは手も口も止まらなくなる。
北海道土産の「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」も止まらない。
うん、節操なしです。

さておき、柿の種のカレー味、初めて見かけてつい興奮。(わさび味とか梅味はよく見かけるように思うので、1年に1度くらいは食べるけど)
ただの柿の種だって好きなのに、そのカレー味です。亀田だからきっと好みのカレー味だと思う。
こんなの売っていたんだ-!と声を上げたら、同行のオットが「知らなかったの?去年買わなかったっけ?おれ、いつもスーパーで見かけてるよ?6袋入りとかいつも売ってるじゃん。すでに食べていると思っていたよ」とバッサリ。

なんだとー\(*`∧´)/
いっつも本数の少ない帰りのバスの時間を気にしながらスーパーで10分以内で買い物を済ませて帰るんだぞ。お菓子売り場なんてのんきに見てられるかーい。こんな味が出ていたのなんて知らなかったよ。とブーブー文句を言ったら買ってくれました。
明日からの連休のどこかでポリポリ食べることになると思います。

なんて。文句つけて買ってもらっちゃったけど。オットがスーパーに寄るのは、私が買い忘れたバナナ(私が食べるわけではないので忘れる)や牛乳(気に入っているメーカーのものが特売価格でないときはつい買い忘れる)を代わりに買ってきてくれるとき。文句言ってる場合ではないのです。柿の種、スパイシーカレー、独り占めしないで、感謝しつつちゃんと半分こして食べなきゃ。



来週、健康診断が控えているのに、独り占めしようと一瞬でも考えただけでアウトだな、私。


高級喫茶


朝から中野まで習い事の勉強会に出かけ、午後に終わったときには、日頃使わない頭を使ったばっかりに眠気でいっぱいだったので、お三時に甘いものを食べてひと息。

本店はミラノにあるらしい菓子店。なのだけれど、名物菓子はサケル(イタリア語)という名のザッハトルテなんですって。
デメルなどで食べるザッハトルテは、シャリショリしたフォンダンの入ったグラッサージュのつやつやチョコレートがかかってますが、ここのケーキのつやチョコにはシャリショリ感はなく、ただただトロリ。クリームの口どけの良さ、チョコレートの濃厚さに側面にびっしりまぶされたカカオニブのつぶつぶがアクセントになってやたら美味しい。コーヒーに添えられた小菓子バーチディダーマはサクサクした軽い食感だけど、味はしっかり強くて、コーヒーに簡単に負けない。
もともとはパリにあったカフェがミラノに移ったとか。200年の歴史があるとか。他のケーキや食べ物じっくり味わいたいお店でしたが、それはまたいつかの機会に。今日のところはこのケーキで満足♪


土曜日が終わり、ほっとした


いつも電車に乗るとすぐに眠気を催して寝ちゃうのに、気持ちが高ぶって全然眠くならない。
あとは家に帰るだけなのだけど。

習い事の裏方、終了。
前回の教訓をいかして、膝と足裏を防御したので、膝のすりむけも踵の痛みもなく、終えることができた。
雨も上がって、着物の人たちが無事に帰れているといいな。

帰り道のお供に買った、世界のキッチンシリーズの飲み物。
エルダーフラワーのシロップが好きなので、この香りがする飲料には甘みを期待してしまう。でもこのスパークリングウォーターは無糖。なんか物足りなく感じちゃう。疲れたし、甘いものがほしいよー。

早く帰って2猫の顔を見たいなあ。




天下泰平の猫




ソファからふと目を遣ると大好きな2猫がいまして。

ソファの肘掛け部分のソファカバーは糸がボロボロ出てきていて、安易に肘を置くとホワホワした毛が腕についてしまうので、おちおち肘も置けない肘掛けつきソファですが。
そこから床を見下ろすと、天下泰平が床に落ちているのです。


続きを読む

Appendix

検索フォーム

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる