Entries

猫の食




ほんとに猫には個性があって。
知り合いのところの猫は、人間の食べ物には見向きもせず、ただ一種類のカリカリフードを長年食べ続けているらしいし。別の知り合いのところの猫は、普通の缶詰、普通のカリカリフードをあれこれ食べ、それでは飽き足らずスズメや小動物を捕まえて喰らっているらしいし。

胡麻があまり食に不平不満を言わず、たいていのカリカリフードを喜んで食べ、人間の食べる鶏肉豚肉魚の端切れ(味抜き、油も落として)に興味を持って食べるくらいのもんだったから、さほど気にしていなかったんだけど。

最近、蜜が、こちらが用意するフードを食べない。前日までモグモグカリカリと食べていたフードを、突然食べなくなったりもする。以前はハンガーストライキをしても23時になればバリバリ食べたのに、今は一日食べなくても平気な顔をしている。

旅行中に預けていた猫ホテルで、かなり甘やかしてもらったようで。環境が変わり、食が細くなってしまったときのために、通常のカリカリフード以外に我が家が用意した嗜好品、いろいろなタイプのフードを(胡麻には食べさせず)全部独り占めしたほか、ホテルの猫ママンにさらに別にいろいろな種類のフードやおやつを用意させ、食べさせてもらい、毛艶が良くなって帰ってきたくらいなのだ。(そしていつも食べていたカリカリフードは残しまくり)

ハンストすれば別の食べ物が出てくると思っているのか、
本当に体調不良で食べないのか、
どうも蜜についてはよく分からない、理解できないところがあって。
とりあえず、病気一つしたことない蜜だけれど、食べないのは心配なので、これはどう?あっちはどう?と皿に盛ってみている。その結果、開封済みの試供品やら小袋やら、あれやこれやのフードの袋が散らばっている状況。
いや、結構参った。

皿に蜜が残したフードをモリモリ食べまくろうとしている胡麻にも参っている…

20131001003901a53.jpg

食べたことない味だった



何年か前の伊勢丹のフランス展(催事)。
何年か前、と書いたけど、検索するとデータってあるもんだな。2008年だった。
2008年のフランス展、地域はブルターニュを特集。そのときにチラシのトップ写真(←確か)に出ていたのはボルディエというブルターニュのバターだった。それも海藻入り。

フランス通の人とか食通の人とかはとっくのとうに知ってるものだったんだろうけど、私には、
海藻入り?
250gで3000円近い?
なんのこっちゃ?
という、全く知らないバターの世界で。
もちろんそのときは入手せず。
ただずっと頭の片隅にそのバターがあって、一度食べてみたいなぁと指をくわえている自分がいた。

そ・れ・が、今回の旅行で入手できたのは大変うれしかった♪
フランスで購入すると125gで4ユーロくらい。それほど円高ではなくなった今はバターとしてはかなりいいお値段だけど、日本で買うよりは…(いまは125g1300円くらいで日本で買えます)

続きを読む

久しぶりに横浜、その他もろもろ



〈横浜ロフトに貼ってあったポスター〉

横浜に久しぶりに出てみた。
そうしたら物心つかないうちからずっと工事中の横浜駅、の西口付近(旧CIALへの入り口付近やジョイナス方面への場所)がこぎれいになっていてびっくりした。
それから横浜そごうのイルムスが半減して、狭くなっていて、隣にIDEEができていた。
私が気付いた変更点はこれぐらい。ほかにもあれこれ変わってるのかも知れないけど。

ロフトのフロアに上がってみたら
IMG_2487.jpg
こーんなポスターが貼ってあって可愛いの♪
あら、みっちゃん、と思ったけど、よく見たら同じ黒猫でもちょっとちがうヒトだった。
個体差、表情の違いはあるもんだ。
夏が終わったらハロウィンがやってくるんだなー。

続きを読む

やっと撮れた



私が家にいるときに、必ず足下に寝っ転がっているか、歩いていればついてくる胡麻と違い
こちらの蜜はおなかが空いているときくらいしかすり寄ってこない。
しっぽを立ててご機嫌に寄ってきたのですかさず撮影。
そんなわけで黒蜜も元気です。

へそ天





どうしても黒蜜の写真が撮れないけれど、2猫ともに元気です。
へそ天は健康のあかし。

…と、くるねこ大和さんも言っていた。






無事帰国




日本に戻ってきました。
あとは電車に延々と乗って家に帰り、急いで2猫を迎えにいくのが最重要事項。
猫ホテルのママには『元気ですよ』と言ってもらえたので少し安心(^-^)

リヨンで食べた四つのプティガトー。選ぶの、楽しかったなぁ。




さよなら、フランス



写真はホテルの最寄り駅、サンラザール駅。
モネに描かれたり、この駅の裏をアンリ・カルティエ・ブレッソンが撮影したりしている駅です。
何年か前に改装工事が行われたようで、とてもきれいな駅になっていました。
日本の駅も趣きがあって好きですが(ちょっと鉄オタ入っているので)、ヨーロッパのこういう駅のつくりって格好いいなあと思います。めったに見ることもできないから鉄道も含めバシバシ撮影しちゃいました。
先日リヨンに行ったときの特急列車発着駅もこんな建築で格好よかったですが、長距離電車に乗る緊張からあまり駅自体は楽しめなかったので、その分こちらのサンラザール駅をぶらぶら歩いて楽しみました。


image_20130922011356835.jpg

こちらはパサージュ・ギャルリー・ヴィヴィエンヌ。
世界で一番美しいパサージュとか。
日本人がいーっぱい散策していて『たいしたことないね』と話しているのが聞こえちゃったり、笑
こじんまりしていましたが、モザイクの床も、光がふんわり入る天井も、古びているけど綺麗なものばかり扱っているお店が立ち並んでいるのも、素敵でした。

さて、あと1時間後には飛行機の中(現在フランスは21日の18時半。日本はもう22日の1:30)。
何か食べてひと眠りして、映画を見たり、うつらうつらして、また軽食を食べれば、日本に帰れるはず!
胡麻、蜜、元気かな。元気だよね。




観光7日目。本物の中に入る〜コルビュジェ設計のサヴォワ邸



パリ中心部から40分ほど電車に乗り、こんな可愛いらしい家や、道路に描かれた案内を追っていった先に、コルビュジェが設計したサヴォワ邸がありました。

image_201309210108467a6.jpg

写真や設計図だけでしか見たことのない建物の中に入れる喜び。感動。
ふひゃ〜〜!です。

なんでこんなことになっているんだろう、と面白く楽しく、階段をのぼったりくだったり、スロープをのぼったりくだったり。開口部から外を眺め、キッチンやクロゼットまで開けたり閉めたり。屋上で深呼吸。想像以上に、中に入ってみたら格好いい不思議な建物でした。




さて、こちらは目薬。
image_20130921010858d28.jpg
フランスに来てから、起きている間中、目のショボショボと充血がなくなりません。検索して目薬を買ってみました。これ、容器に負けず劣らず真っ青な液体の目薬で、目に指すのにちと躊躇します。とはいえ、ありがたいことに、ショボショボはとれないものの、充血はだいぶ弱まりました。ほんとに真っ赤な目になっていて、なんだか…ヤバイ人?みたいな状態だったので。観光最終日にしてやっと少しよくなりました。
明日は、朝、買い物を少しして荷造りの最終仕上げをして帰ります。
ちょっとさびしい。
でも、猫シックがそろそろ限界なので、帰国に後悔はないです。


観光6日目、リヨン♪



電車に乗って、食の町(?)リヨンに来ました。パリからは、東京-広島ぐらいの距離だそうです。
ポール・ボキューズの名前のついた市場があり、大好きなショコラトリーが二つあり、憧れの町です。わーい、やっとやってきたよ☆

お昼にリヨン風のサラダとクネルという、すりみの料理を食べました。名物にうまいものあり、でした。私は前菜(サラダ)とデザート、オットはメイン(クネル)とデザートの組み合わせでオーダーし、二人でシェア。地元の人たちが仕事の合間にランチをとりにきていたけど、みんなちゃんとワインを飲んでる。フランスって感じ〜。一皿のボリュームが多く、現地の人でも、前菜とメイン、両方食べてる人はいなかったな。
素朴なお店で、ムッシューたちも優しく接してくれてのんびり美味しく食べました。

カロリー消費のため、いつまでも続く階段を登り高台までやってきました。息が上がりすぎ、休憩しがてらブログ更新です。(14:35)

割と質素なつもりです



ホテルの朝ごはんです。
フランスの朝ごはんって野菜がないんですねぇ。
トマトくらいあってもいいのにと思うのですが。
いつもオレンジとグレープフルーツをボウル一杯よそって食べています。
それと、大量のマッシュルーム。盛り付け失敗してる茶色い物体です。
バターとチーズが美味しくて、毎朝欠かせません。

image_20130919040715827.jpg

今日はルーブル美術館に出かけたのですが、館内のカフェは大混雑(昨日のオルセーでは営業開始すぐの早めの時間にカフェに行ったためスムーズに食事を取れたのですが)。やっぱりオルセーとルーブルは規模が違うから、早めにお昼を食べることも、順調に鑑賞することもなかなかうまくいかず、でした。
そんなわけで、見たいものは見終えて、館外に出て、カルーゼル デュ ルーブルのフードコートでお昼をとりました。ワサワサのガッサガッサで雰囲気を楽しむような場所ではないですけど。サラダ三種盛りとキッシュ、手持ちのミネラルウォーターで済ませました。10ユーロ以内におさめて。

ちなみに夕食は、モノプリスーパーで惣菜(サラダとフルーツとサンドイッチ)を買って、ホテルの部屋で買い置きのインスタント野菜スープをポットのお湯で溶かし、モソモソと食べて終了です。
結構な距離を歩いているし、運動していないわけではないはずですが、カロリーのとりすぎなのかな?朝、しっかり食べた後、あまりお腹がすかないのです。だから本当はビストロとかブラッスリーとかで夕食をとりたいのですが、食べ切れる自信がなく、部屋で済ませている次第。ユーロが高いし、物価も高いので、食費が抑え気味でもまあいいかな。

image_201309190407413f1.jpg

ルーブルでは、前回のフランス旅行で訪れたときに閉鎖されていたベルギー、オランダ絵画の部屋の作品を見ることができ、フェルメール作品に会えて満足。そして、シャルダンの『赤えい』を見つけたときはうれしかったー。左下のシャーシャーフーフー言ってる猫が大好きなのです。シャルダンの作品は、この間…っていつだ?ともかく、この間、丸の内の三菱一号館美術館で展覧会をやっていましたが、それも稀なこと。滅多に日本にやってくることはないので、とてもうれしく鑑賞しました。
それと、こちらも前回のフランス旅行では行かれなかったポンピドゥーセンター。展示替えなのか一部常設展が見られませんでしたが、フランスの現代美術の一部を見られて楽しかった〜。観光客ではなく、おしゃれで勉強好きな若い子達がたくさんいて、鑑賞して、作品について語り合っていて。そういう光景もいい感じ。

本店はリールにあるけれど、パリに支店ができたメールのゴーフルを帰りがけに買ってきて、夕食後のデザートにしました。粉砂糖のシャリ感が少しあるバタークリームを挟んだゴーフル(ワッフル)。しっとり、でも香ばしく、クリームが美味しい(バニラ、スペキュロス、ピスタチオとグリオットチェリー、ラムレーズン、プラリネの五種類ありました)。
朝は青空だったのに、午後は雨が降り始め、お店まで足を伸ばすのは大変だったけど(万歩計でもつけていたら驚異的な歩数を記録したと思う!)、美味しかったので、全てチャラです。
そんな観光5日目の日記でした。(21:38ですが、日本はもう4:38ですね)

観光4日目



あれ?もう何日目か分からなくなってきた。
今日はオルセー美術館のあと、サントシャペル教会のステンドグラスを堪能し、買いたかったお菓子を買い、そしてセーヌ川下りを、豪雨の中!してきました。
セーヌ川下り…初めてフランスに行ったとき、フランスに長く住んでいる女性に勧められたのです。パリに来たら、初日か最終日にセーヌをクルーズして、これからパリで過ごす日を楽しみにするか、それまで過ごしたパリを思い返すか、したらいいわ、と。
そのときは全くスケジュールが合わずできなかったので、今回、初フランスのオットとクルーズを楽しもうと予約。したものの、天候の悪い日が続き、なかなか乗れず、やっと今日、決行です。
曇り空の中を出発し、途中から雨が降り始め、そして豪雨。
なんかねえ、今回の旅行、お天気に恵まれません。そんなもんかな。

image_20130918070557bf5.jpg

寒い雨の中、ホテルに戻り、ユーゴエヴィクトールのフィナンシェと、ダローザのレーズンオソーテルヌを食べたら少し元気が出てきました。甘いもの、やっぱりいいな。


オルセー美術館にて



十数年前のフランス旅行のときになぜか足を運ばなかったオルセー美術館にやっと今回は来られました。
楽しくて楽しくて足が棒になりそうです。歩き疲れです。
館内のカフェでキッシュとカフェオレをたっぷり飲んで、また鑑賞を再開します。(13:50)

さよなら、モンサンミッシェル

image_201309162316295db.jpg


最後に青空と強風のモンサンミッシェルの写真を載せようと思ったら、iPhoneで撮り忘れていた、と。
仕方ないので、島内で食べたクレープを載せておきます。
ガレットをモリモリ食べた後、リンゴとキャラメルと塩バターのクレープを食べました。
美味でした〜

天気の変わりやすかったモンサンミッシェルを後に、殺伐としたパリに戻ります(16:20)。

観光2日目、つづき



パリからモンサンミッシェルまでバスで移動。途中のトイレ休憩はオンフルールという港町。
くつろげるのびのびした、こじんまりした港町。
船底の形をした天井の木造建築の教会が美しかったです。

image_201309160451203ce.jpg

オルゴール弾きのおじさんと一緒にいたにゃんこがやたら可愛くて、フランス3日目にして切実な猫不足になっていた身にはとてもありがたい。フードのカリカリの粒が大きいのが気になったけど。よくあんなでかい粒を食べるなあ。

image_201309160450512e5.jpg

モンサンミッシェル島内で食べたランチは、ムール貝のシードル蒸しとりんごを使ったタルト。
名物のオムレツはオットが頼んだものを少しおすそ分けしてもらいました。結構美味しかったですよん。



観光2日目



パリのホテルをいったん6時半にチェックアウトして、13時過ぎにここ、モンサンミッシェルに着きました。
道中、ところどころ雨が降ったり青空だったりと変わりやすい天候でしたが、いま現在は雨は降っていません。(日本の台風は大丈夫なのでしょうか…)
2回目のモンサンミッシェル。
だいぶ砂に埋まっていて、以前来た時と印象が少し違いますが、もとの風景に戻すべく、あちこち工事中です。
今日も文化遺産の日ということで、どうやら無料らしいです。

到着して、島内でお昼を食べ、島の外に出て村のホテルにチェックインし、また島内に向かいます。
今回は夜の風景、朝の風景が見られそうでワクワクしています。(15:44ですが、日本はもう22:44みたいですね)



Appendix

検索フォーム

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる