Entries

見つめる猫ズ




人間大好きなさびしがりや黒胡麻と、ひとりのほうが気楽な黒蜜と。
普段は別行動でも、お腹がすいたときは、結託して目力で訴えます。

一緒に連休、のんびりしようね。

やけ食い、その2




で、担々麺を食べたあとに、さらに甘いものを投入。
横浜そごうにある林家茶園で、4月限定パフェ『抹茶といちごのパフェ』。
この店にくると、本当はほうじ茶ものが食べたいのに(ほうじ茶豆腐パフェとか、ほうじ茶ヨーグルトパフェとか、ほうじ茶かき氷とかね)、その月おすすめパフェが気になってしまい、なかなかほうじ茶ものに手を出せない、このところ。そしてパフェに付くお茶の佃煮が大好きで、またパフェ以外のものもなかなか頼めなかったりする。

昔は店舗もほとんどなったけれと、今は京都、青山、川崎、六本木、新宿、池袋、羽田空港、博多、二子玉川、有楽町など、14店舗くらいある。
増えた。
でも味が落ちた感はないから安心。

抹茶といちごが意外に合うのが面白くて楽しくて、はなうたをうたいそうになりながら完食。

いや、はなうたよりも、今日、私のせいではなく、サーバーかパソコンかソフトのせい(!)で、いかに仕事がはかどらなかったかをオットに愚痴りながらだったかも知れぬ。
美味しいものを食べながら愚痴は言っちゃいかんな。
反省。

やけ食い




カロリーの高そうな、いや、高そう、とか言ってる場合じゃない。カロリーの高い夕食を食べる。
トマトチーズ担々麺。
野菜はトマトとかすかなネギ。タンパク質は、ひき肉少々とチーズ。栄養バランス悪い上にカロリー高い。

でも、なんか不健康そうなガッチリしたものを食べたかったのさ。


続きを読む

先日の昼ごはん




異動した人と待ち合わせて久しぶりに外食。
お目当ての店が行列だったので、他の店に向かうもどこも満席。ランチ難民になりそうになりながらかろうじて入れたのは、KAAT斜め前にあるトレビという洋食屋さん(横浜市中区山下町)。
アットホームな感じで、なごやかなお店だけれども、換気がねぇ…ちょっとねぇ…
店内が暑くて、汗をかきながら食事する羽目になる。季節を問わず。そう、冬でも。まして暑い湿度の高い日ならなおさら…
この日はチキンカツを食べました。写真のスープにサラダ、メイン以外に、ライスとコーヒーがついて、900円だったか、950円だったか…
懐かしい洋食屋さんの味が食べられる、という雰囲気のお店です。


その後の桜通りの八重桜




前回の写真の数日後に強い風と雨が。
で、道が花びらじゅうたんに。
染井吉野よりも花びら数が多いんだねぇ。

桜通りの八重桜



関内の桜通りには関山という品種の八重桜がずらりと植えられている。
染井吉野が終わったあとは、ここを通って、くす玉みたいにぽったりぽったりと咲いているのを見上げて楽しみながら帰る。

ベトナム料理を食べる




改めて別の日に祝う予定のある友人の誕生日の前日に、その友人に会う。
ベトナム料理を食べたいぞ、と天からイメージが降ってきたので、ベトナム料理屋を予約するとともに、ちょっとしたことも予約。

ベトナム料理といえば、生春巻がだいたいにおいて人気だと思う。で、私ももちろん大好き♪だけど、実際にホーチミンに行って食べて美味しかったのは、生春巻よりも揚げ春巻だった。あの皮の美味さ。添えられた野菜の多さ。何てバランスのいい料理だろうと思った。それからフォーももちろん美味しかった。あと、バインセオもかなーり美味だった。

さて、友人と用事を終えて出かけた桜木町駅前のクロスゲート内にあるニャーヴェトナムビアホイ。ベトナムっぽい、キッチュな花柄のテーブルクロスがなんとも愛らしい。
選んだコースには揚げ春巻がちゃんとあった。うれしい~。網み春巻もちゃんとある~。一緒に食べる葉物野菜も添えられて大満足。
生春巻き。揚げ春巻きとともにサトウキビに巻かれた魚のすり身の揚げ物は食べたことのない料理でなかなか美味。タイ料理のソムタムだと辛くなるけど、ベトナムだからマイルドに食べられる青パパイヤのサラダあり、レモングラスとライムの効いたキャットフィッシュに、八角の効いた豚の角煮、それぞれが頼んだ蒸し鶏のフォー、牛肉のフォーと続き…

続きを読む

コードの巻き方




オットのiPod nanoがテーブルに置いてあった。
私が以前にあげたコード巻きがついていたのだけど、使い方が違う気がするのだった。

そもそものデザインからして、横に巻くんじゃないの?巻かれて苦しい~ってデザインなのでは…



地図猫




毎度、お風呂の楽しみ。
フリーペーパーと猫。
何やら両手で地図を指している。(見切れているけど)
むむ、アクアラインか?
アクアラインを渡って、アウトレットに行くようにとの指示なのか?

本日の昼ごはん




コンビニで『とろ~り玉子の牛スキ焼丼』を買い、象の鼻パークでひとり食べる。

四月に入り、いつもお昼ごはんを一緒に食べていた人たちがみな異動。ひとりごはんはまったく苦にならない。のだけど、今月前半はこの数年間の中でも特に忙しくて外に食べに行く余裕がなかった。もそもそと席でコンビニのおにぎり一つと野菜スープを飲んで昼を終わりにする日々にだんだん気が滅入り、今日はとにかく『外へっ!』と飛び出す。
雲を通してさんさんと紫外線が降ってきている気もするけれど、節電だったかISOだったかで電気を消した室内で、何を食べているのか分からないまま食べ物を口に運ぶよりも断然気持ちいい♪

回り道してそろそろ帰るか…

ツキノワグマではなく、月の輪猫




黒蜜はかなりの小心者なので、どんな状況でどんな風に脱走するか迷子になるか予想もつかず、心配で、普段は迷子札をつけた首輪をしているのだけど(獣医にも、保護猫活動をしている人にも勧められた)。悲しいことに肌が弱く、おっそろしいハゲになっていた。そんなわけで、赤い首輪ははずすことに。
ちょっと首を動かすとまるで白い首輪をしているよう。そして、ツキノワグマならぬ月の輪猫になっている。




名残を惜しむお花見散歩




昨日の日曜日は、前の土曜日には船で通った大岡川を今度は徒歩でお花見。
頭上の桜はもう名残を惜しむ程度でしたが、目線を下に向けると花びらがいっぱい。




市松模様が好き。
桜の花びらで市松模様なんて可愛いじゃないか♪

続きを読む

近所の桜




10年近く、毎朝見てきた桜のいる場所をやっと突き止めた。

春になると、家から駅まで走る坂道、何車線もある道路の向こう側、山のような坂道の上の方に大きな桜が彼方に見える。
あ、咲いたんだ。
と思いながら毎朝駅まで走る。
そのうち薄ぼんやりと霞のようになって、ああ、散ったんだな、今年の桜も終わりだなと知る。

今の家に引っ越してきてから毎春見てきたんだけど、今年は場所を突き止めてみようと思い立つ。
道路を渡って、坂道や階段を上ったり下ったり。何度も袋小路に突き当たる住宅街。
でも大きな桜だから、視界からは消えず、何とか近づく。そしてとうとう発見。

iPhoneのカメラでは収められなかったけれど、この古木の大木クラスの桜が、この左右に控えている。まるで釈迦三尊像みたいに。神々しいばかりの桜。根元にも春の草花がいっぱいで、それが何とも雑多で自然な感じ。こんな立派な桜の木を持っているお家、誇らしいだろうなあ。




眺めていると風が吹かなくてもはらはらと花びらが舞い降りてくる。そうそう、これ。私は満開の桜よりも、この状態が好き。
だからこうした花びらいっぱいの道路も好き。

なんだけど。これって、やっぱりお掃除が大変なのでしょうか。楽しむばかりでごめんなさい。どうもありがとう。

曇り空の桜




うまく撮れなかったのが残念だけれども、美人な種類もさまざまな桜が植えられていたので、思わずパチリ。染井吉野の大群にも弱いけど、各種枝垂れ桜に弱い私。

続きを読む

今夜のケーキ




賞味期限がギリギリなドライいちごがあったので、パウンドケーキを作って消費。
うーん、まあまあかな。卵がうまく生地に入らなかったけど、この程度ならいいのさ、我が家では。

Appendix

検索フォーム

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる